所変われば祭りも変わる!デリヘル嬢が調べた驚くほど愉しく見て美しい、参加したくなるお祭りが大集合

デリヘル嬢も踊る世界中のお祭り調査隊

勇ましいお祭り

イギリスのバーニングアップな男気祭り

投稿日:2015年11月9日 更新日:

ginzer

イギリススコットランドの北方、シェトランド諸島。島内最大の町ラーウィックでは、130年以上続く伝統の、ヴァイキング時代の遺産を記念する火の祭典「ウップヘリーアー」。毎年1月の最後の火曜日、夜通し行われます。

19世紀初頭、ナポレオン戦争から帰還した兵士たちによって広められたと言われています。
この日、島の男たちは甲冑や羽根つきの鉄かぶとに鎖カタビラや斧を手に、完璧なヴァイキングのコスプレで参加します。まるで映画のワンシーンンを思わせます。

大きなロングシップ!

大きなロングシップ!

Guizer(ガイザー)と呼ばれる住民たちが街を練り歩きます。見所はクライマックス。メラメラと激しく燃えるたいまつを手に「ロングシップ(帆船)」の大きなレプリカを囲み、一斉に火を投げ込みます。
夜空を覆う程燃え上がるロングシップは、ラーウィックの空を赤く染めます。そして、更に住民から選抜された動物の守護聖人、「セイントアンソニー」が馬に乗ります。赤ワインで身体を清め…こうこうと燃え上がる炎の上を馬と一緒に飛び越えるのです!
ここは映画の中!?はたまた9世紀にタイムスリップ!?したかのような感覚になります。

細部にまでこだわった衣装は地元民たちの手作り

細部にまでこだわった衣装は地元民たちの手作り

また、この大きなロングシップを始め、お祭りの資金の大半は地元住民がまかなうというのです。手作りの船や、細部にまでこだわった衣装は1人当たり平均で2000ポンド(約35万円)!参加人数は900名程なので…金額はスゴいことにw しかし、島の人たちにとってこの祭りに参加することは、誇り高いことでもあるのです。
なんとも男前な、島民たちのお祭りなのです。学校でやるようなキャンプファイヤーとは規模も心意気も全然違う!
燃え上がる様なアツいベッドプレイをデリヘルで体験するなら埼玉は特にお薦めですね。

-勇ましいお祭り

Copyright© デリヘル嬢も踊る世界中のお祭り調査隊 , 2017 AllRights Reserved.